ニンニクがどう疲労を回復するのか?

疲れた時はにんにくが効く

身体が音を上げるのは新陳代謝に必要な酵素の欠乏と代謝による老廃物が蓄積している状態だと考えられます。一方、健康とは細胞が賦活化されて必要な細胞分裂が上手く進んでいる状態を指します。酵素が不足すると細胞分裂は思わしくなく疲労が増大してやがて病気になってゆきます。これに反して細胞分裂がスムーズだと新陳代謝になって体力が回復するわけです。そうした新陳代謝の回路で酵素の役割を果たしながら体のすみずみにやさしく働きかけているのがにんにくで、それ自身がたんぱく、ビタミン、カルシウム、ミネラル等を豊富に含んだ栄養体です。しかも強い抗菌性をもつので総合性に富んだ治療効果を生み出すことができます。

 

新陳代謝とにんにく

口から入ったご飯、魚、肉はいきなり血や筋肉になりません。糖質はグリコーゲン、たんぱく質や脂肪は脂質たんぱくとして蓄えられて必要に応じて活動エネルギーや生体固有の物質に変えられてゆきます。これがいわゆる代謝活動と云われるものです。摂取された栄養物は酵素によって細胞の活性化に使われて増殖、分化、合成、分解、エネルギー獲得、排泄といった生体維持のための生化学反応を起こします。これらの総称が新陳代謝です。これが不足すると不完全燃焼となりエネルギー不足になり疲労します。さまざまな病気の原因となります。生命活動を維持する上で重要な役割を持ちます。

 

ビタミンB1は新陳代謝に欠かせない役割をもつのですが以下の特長を持ちます。
  • インスタント食品やダイエット食品等、偏光した食習慣が欠乏の原因となること
  • 腸内においてはアノイリナーゼ菌から分解される脅威を受けており、ストレスにあうと尿中に排出されてしまいます
  • 体内での合成ができず大量に投与しても貯蔵できない

 

にんにくと結びつくと
  • 腸内のアノイリナーゼ菌を逆に分解してストレスからの排出を防止
  • にんにくの貯蔵する機能が効いて持続的かつ安定的な供給が可能となる
  • ニンニクが脂肪やたんぱく質に溶けやすいので吸収しやすくなる

 

このようににんにくを摂るとビタミンB1の弱点が解消されて新陳代謝が進みます。

 

 

自然治癒力を高める新陳代謝

細胞が活性化すると自然治癒力もさかんになってきます。人間の体に生まれつき備わっている力で切り傷等の異常が起こると細胞を総動員して元の状態に戻そうとします。この力を個人個人が如何に高めていくかが病気回復の分かれ道です。にんにくを食べて疲労が回復する理由は細胞が活性化して自然治癒力が高められ体の総合力がつくことで治癒効果が上がるためです。病気の改善は緩慢でもその歩みは確実です。体力がなくていつまで経っても病気が治らない人はにんにくを試してみると良いでしょう。細菌、ニンニクは細胞の酵素に働きかけて総合力を高めるという相乗効果だけでなくホメオスターシスにまで働きかけることもわかり熱い視線を浴びています。

 

最高の健康食品であるにんにく

ビタミンB1と結びついて付加機能をみにつけたアリチアミン細胞の活性化と代謝の促進に基づいた治療効果をもたらします。例えばストレス症状の場合、にんにくは中枢神経に鎮静作用を与える一方、腸壁を刺激して整腸作用が発言します。また、末端血管を拡張して保温効果を上げて不眠症や便秘を解消します。強制的な薬事治療と異なる点はこのあたりで体の奥深いところから癒してくれるにんいく両方が医療の現場からも評価されています。体力増強、体質改善、成人病予防・治療にふさわしい健康食品であることがうなずけると思います。また、薬のように副作用はありません。値段も安くいつでも手に入ります。欠点と云われる臭いも消臭の仕方によっては十分に解消できて調理いかんでは風味豊かに食すことができます。これらがにんにくを更に魅力のあるものにしてくれます。

 

毎日食べれない方のためのにんにくサプリメントランキング