ニンニクはどのように血栓に効くのか?

動脈硬化は成り行きにまかせておくと、脳卒中や心臓病といった死にいたる病気を引き起こします。動脈硬化は血管壁に過酸化脂質などが貯まり、やがて血栓が形成されて血管が硬化して血流が悪くなるものです。また、やっかいなことに自覚症状が出た時に症状はかなり進行していて血管の内径が狭くなっており血圧も高くなります。こうした状態を放置すると抹消血管が腎症や網膜症、脳梗塞、心筋梗塞が起きます。自覚症状が出る頃にはかなり症状が進んでいる場合が多く、早期発見と予防が大切です。

 

コレステロールを下げる

基本は血管にコレステロール等をためないことです。食生活の改善が大きなポイントになります。コレステロール値や中性脂肪が高いといわれた時は動物性脂肪の摂取を控えて必須脂肪酸を多く含んだ植物油に切り替えましょう。また、1日の摂取カロリーを1800kcal前後に抑えることも大切です。食べるべきものとして、以下が挙げられます。

 

野菜

    • 食物繊維を多く含んだ食品
    • ビタミンE
    • 魚などの不飽和脂肪酸
    • ビタミンC

 

なかでも抗酸化ビタミンと呼ばれるEは元凶となる過酸化物質を除去してくれます。これと同じように排せつに働きかけてくれるのがニンニクです。脂肪と結びついて脂質アリシンに変わるのです。こうなる血管拡張作用で目詰まりした血管を広げて、赤血球を活性化して代謝に必要な酵素を体内にくまなく運んで血液のきれいな流れに変えてくれます。低コレステロールの投与実験ではアリシンとVEの組み合わせの効果が絶大です。循環促進作用と代謝活性化作用と抗酸化作用の複合的な効果が動脈硬化を改善してくれます。