にんにくの美容効果について解説します。

皮膚の新陳代謝が活性化すると健康な美肌になります。
肌の敵は乾燥した空気、強い日光、寝不足、胃腸の疲れ、便秘などです。特に都会では排気ガスなどで汚染された空気は大敵で、これから女性をガードしてくれる存在がニンニクなのです。肌荒れ、にきび、吹き出し物などは、その部分の皮膚の血液循環がなんらかの障害をうけているので皮膚の細胞活動が活性化して健康な美肌が生き返ってきます。

 

肌荒れのメカニズム

肌がしっとりしているという状態は皮膚の方面で古くなった角質が新陳代謝によって除去されて細胞が活き活きしている時です。角質層は外界と接している際算線で熱、ぎみ、病原菌、乾燥、紫外線などから体を守り、肌からの水分蒸発を防いでくれる細胞組織です。肌荒れや吹出物が出る時は角質が傷ついて水分が蒸発しやすい状態になっています。もう一つは脂肪を摂りすぎたり脂質代謝が異常な場合に皮下脂肪が貯まりやすくなって吹出物にきびができてしまう場合です。ところが意外なことに肌荒れや吹出物は便秘に起因するケースが多く外出先でついこらえてしまうのが原因です。とにかく規則正しい排便習慣をつけることが大切ですが、こうした症状にもいち早く反応して改善するのがにんにくです。

 

にんにくが皮膚を活性化させる

有効成分のアリシンが腸に刺激を与えて蠕動運動を促し、肌荒れの改善に導きます。一方、アリシンは脂質と結びついて脂質アリシンに変質して美容ビタミンと呼ばれるビタミンEに勝るとも劣らない働きをします。末梢血管の拡張作用や体内に酸素を運ぶ赤血球の増殖作用・抗酸化作用を行って肌細胞を活性化するので体の内側からも美容に働きかけるのです。その他、にんにくは微量物質の亜鉛が含まれているのも魅力的で亜鉛には大気汚染などからの影響を分解する作用があります。またホルモン分泌促進にも働きかけるので、老廃物を除去して皮膚表面をリフレッシュして美容を高めます。

 

美容に相乗効果

体の内側から美容を高めるニンニクの効果は食べるスキンケアと云っても良いです。しかし、食べるとじわーと効くのに比べて、にんにくパック、ローション、入浴などにおけるアリシンの効果は直接に浸透・吸収しますので効果はストレートです。疲れた皮膚細胞では細胞の糖脂質膜が凝固して老廃物の通過をさえぎるので、排泄機能が低下します。皮膚から浸透したアリシンは毛細血管を拡張して血流を盛んにして皮下脂肪を活性化します。古くなった角質を1枚ずつ剥がして、シミ・ソバカスなどの死んだ細胞まで除去してくれます。

 

にんにくサプリメントのランキングはこちらから