にんにくのアリシンが身体の疲れに効くのです

豊かでリッチな現代の食生活の中で油断ならないのがビタミンB1の不足です。インスタント食品、ファーストフードに依存した手軽で偏った食生活が原因です。

 

代謝に必要不可欠な栄養素

ご飯やうどんなどの炭水化物は体内でブドウ糖として吸収されて血液によって筋肉に運ばれて活動エネルギー源となります。これがいわゆる糖代謝です。この時に必要になるのがビタミンB1です。これが足らなくなると不完全燃焼による疲労物質が体内に蓄積されてしまうのです。もともと単独では吸収されにくい成分でしかも体内で合成ができず、一定量しか保留できません。

 

スタミナ切れの原因

ストレスと過労を嘆くサラリーマンは大抵、不足しています。疲れているとビタミンB1が尿から体外に出てしまうのです。不足すると次の症状が出てきます。身体が代謝活動をする時、細胞内にいきいきとした酵素がないと流れがとまってしまいます。ここでいう酵素は細胞内のたんぱく質とビタミンB1が結びつくことではじめて得られるのです。なので、これが不足すると、糖代謝に異常をきたします。

 

  • 神経の慢性疲労
  • アルコール依存に伴う欠乏
  • スポーツ等の激しい筋肉運動
  • 中年以降の老化に伴う消耗
  • 不規則な生活に伴う食生活の変更

 

仕事からの過労、神経の緊張、不規則な生活が原因で多くの人が無力、脱力、倦怠感、疲労、集中力の欠如を訴えているのが現状です。

 

にんにくを食べると疲労が回復するわけ

ニンニクを効かせた料理はスタミナ料理といわれます。これは根拠がありまして、有効成分のアリシンがビタミンB1と出会うと体内貯蔵が可能となり多機能なアリチアミンに変質して安定的な糖代謝を行いエネルギーの完全燃焼を実現します。大きなエネルギーを消費する激しい運動や重労働をする人は、その消費エネルギーに見合った量、食べなくてはなりません。スポーツをする人は普通の生活を送る人の10倍はビタミンB1を摂取しないといけないという研究結果もあるくらいです。ダイエット、スナック菓子、インスタント食品等の商品構成と嗜好が入りまじり、糖質に対する量が圧倒的に足らないのが現代人の現状だと思います。ですから日頃からにんにくを食べてアリシンを摂取しましょう。味が嫌いだとか、臭いがきついからとかで毎日食べるのが難しいという方はサプリメントを摂取するのをお勧めします。これなら気にならないと思います。口コミ評判をこちらにまとめましたので、是非ご覧になってください。