にんにくが新陳代謝を良くするのです

蓄積した疲労は病気の前駆症状ともいわれています。疲れたとか腫れぼったい、尿が近くなった等の体の異変を放ったらかしにしておくのは危険です。体の組織が疲労している時は細胞が不活性化して代謝に必要な物質が種切れになっていることを意味します。その一つは酵素です。代謝の現場に老廃物がたまっていると疲労や病気を招くので酵素に注目する必要があります。それではにんにくが病気にどうかかわっているかを解説します。

 

ストレス

中枢神経の不安状態が引き続き起こされている症状です。ビタミンB1を尿中に放出してしまうので代謝は不活性になり不眠症、神経性の下痢を誘発します。にんにくのアリチアミンは脳や中枢神経の異常興奮を抑えて、抑制して、沈静・安定化すると共に整腸・保温効果を上げて改善します。

 

血行障害

高血圧、血栓症、動脈硬化などの循環障害は悪玉コレステロールを沈着させて血栓症、脳こうそく等の発症原因となります。にんにくのアリチアミンは脂質が燃えるのを促進して抗酸化作用を増幅します。

 

気管支炎

排気ガスの有害物質が原因となります。体の抗アレルギー作用で沈静安定を進めます。にんにくを食べると鎮咳、消炎、去痰作用があるので抹消血管を拡張して有害物が解毒されます。

 

神経障害

神経痛、更年期障害などの沈静に効果的です。

 

肝臓

強肝、有毒物質の解毒、分解、排泄等

 

糖代謝

糖尿病における代謝促進、脚気の予防

 

消化系

消化と食欲を促進、障害を改善します。

 

増血効果

酸素の供給とお炭酸ガスや老廃物の排泄を活性化して栄養素の吸収・運搬の円滑化を促します。赤血球の生産を促して貧血を改善します。

 

殺菌力

水虫、痔などの外用効果があります。

 

コレステロールが高くなったり、血圧や血糖値が上がるのは過剰分を捨てきれないことから来ます。にんにくは細胞を活性化させて代謝を促進すると同時に排泄効果をスムーズにする効果があります。捨て方が下手な人が病気になります。老廃物はこの捨てきれない物質の総称で、それをにんにくが見つけるとせっせと運びだしを始めます。肩のこりや腫れが引いてせいせいするのも代謝を促進して自然治癒力を高めるからで代謝から排出に至る生命の流れに関係します。

 

毎日食べたいところだと思いますが、臭い等の問題で難しいですよね?そういった方にはやっぱりサプリメントで摂るのがお勧めです。こちらでにんにくサプリメントのランキングを紹介しています。参考にしてください。